2017年8月9日水曜日

高校生への自分は駄目な人間だと思うか?というアンケートの驚愕の結果

財団法人日本青年研究所の
2015年の調査結果を目にする機会がありました。


日米中韓の高校生に
「自分は駄目な人間だと思うか」との質問を与えたところ、
「よく当てはまる」「まあ当てはまる」と答えた人が
米国45%、中国56%、韓国35%だったそうです。


米国は自信が溢れているイメージもあったので
意外でしたが、
私たちの日本はどうなんでしょうか。


日本の結果は73%です。
群を抜いています。


日本で教育に関わっていると、
子どもたちの表情が学年を増すごとに
暗くなっていくことがわかります。


子どもたちは
どうして自信を無くしていくのか。


それは評価主義の教育によって
このままではダメですよ
というメッセージを受け取る機会が
多いからではないだろうか。


どうしてできないの?
なんでやらないの?
これじゃダメじゃないか。


日々否定的なメッセージが
学校や家庭で浴びせかけられていることが
多いようです。


勉強はそもそもそこまで結果を求めて
やらなければならないのでしょうか。


勉強は将棋と同じように
頭を使った体操のような面白さがあります。


それにも関わらず、
勉強ができなかったことを
周囲の大人は深刻にとらえ、
人生のすべてに悪影響を及ぼす
一大事のような表情で接します。


当然、勉強で躓いた子どもたちは
自分が否定されているような気持ちに
なってしまうものです。


その積み重ねの結果として
自分のことが駄目な人間だという
気持ちを強くもつようになるのです。


褒めて育てよと言われることが
出版物でもテレビでも多いものですが、
やはり先生や親が子を褒める機会が
少ない傾向があるのは事実。


甘く接することとは違います。
幼少期からできていること、
がんばっていることに目を向けて
しっかりと褒めてあげること
大切だと思います。


未来の日本では
自分がダメな人間だなんて言う子どもが
少ないことを願ってやみません。




関連する記事です。
子どもの自信をなくす子どもを色眼鏡で見るということ


TJママLab
https://www.facebook.com/groups/mamalab/

子育ての知識、気づきが満載の
オンラインサロンです。
ぜひ参加して子育て力UPしてください!




関連記事