2016年9月18日日曜日

子どもの英検学習 | 親の意識を変える


スターバックスで珈琲を飲んでいると
近くの席で小学生に英語を教えている会話
耳に飛び込んできた。




女性と子ども。




よくよく聞いてみると
その子どもの隣に座る女性は母親で
対面に黙って座っていたのが父親でした。




英語学習の様子を聴いていると
英検の問題集を解いて
お母さんが解説しているようです。




父親が時々、小声で何かを呟くのですが、
母親がぴしゃり!
父親と母親の力関係も一瞬でわかります^_^;




子どもは英語嫌いになるんじゃないかな?
と感じました。
1時間以上ずっと問題集をやっていましたから。




この勉強は何のための英語かと言ったら
英検のための英語でしかないでしょうね。




何々のための・・・FORでしょ?
AROUND・・・回るでしょ?周りだから。



とか、小学生の子どもに理解させようと
母親は早口になっています。




最後は理解するより覚えろといった感じで
叱り口調で問題と戦わせていました。




Aroundは中学に行けばあっさりと文法で学びます。
叱られながら小学校で先取りする必要があるのでしょうか?




Aroundは複数の文章を読むことで
語感がついてくるものです。



文法を知り、
さらに複数の文章で語感をつかむ。



実際に使ってみる。



そうやって英語を話せるようになります。




日本人は情報に対して開かれているから
次の様な話はたくさん耳にしたことがあるはずです。




大学まで英語を勉強していて
英語が話せないのはおかしい。



そんな意見が数年ずっと言われ続けています。



にも関わらず、
未だに英検の勉強と言って、
座学の英語に時間を費やしているのかと思うと
本当にもったいないと思います。



英語っていうのは
陸で水泳教本を学ぶようにして話せるわけではなく、
実地で慣れる必要があります。



もちろん、教本で泳ぎ方を学ぶ必要もありますが、
比重は実地の方が大きくなければ
学ぶ意味がありません。



使わないものは忘れるんです。




下手したら、海外アニメが好きで
ずっと字幕、吹き替えなしで見ていた子どもの方が
英検対策で頑張っていた子より
話せるなんて馬鹿げた話もリアルです。




親子の英語の学習の仕方を見ていて思ったのは
いくら英語学習に対する情報が開示されていても
旧型の教育をされ続けていた親の価値観が変わらない限り、
子どもたちに旧型の英語教育が与え続けられるということ。




この子が英検に合格して、
では、外国人の子どもが目の前に現れたら
どうなるでしょうか?



えええっと、Around 回るだから・・・周り?
お母さんどっち言ってたっけ?



話せないでしょう。



結局、最後は慣れるしかないんだ!
なんてシンプルな結論になるかもしれません・・・



英検は資格ですね。
資格が欲しいからの勉強が
本当の英語を話せる勉強と遠ざかってしまっているのが
もったいないです。



英検対策なんて
小学校のうちからさせるなら
英会話の方がよっぽどいいです。



英検対策なんて
大学生になってから
就職前の4年間で
2級くらいすぐとれます。



私だって大学3年で取得しました。
別に入試では英検が必要ではなかったんで、
無理に取得することはありませんでした。



中学卒業時に確か3級はもっていました。
受験であると有利だから取得しましたが
本当に有利だったかなんて都市伝説レベルです。



いずれにせよ小学校からやらなくても
文法は十分勉強しているんで
ちょっとやれば合格できます。



文法も勉強をしていない
小学校の頃から
中学になればやることを
わざわざ厳しい言葉をかけながら
やることが果たしてどこまで重要なことなんでしょうか。




子どもたちを変えるためには
まず親の意識から。



そう感じた光景でした。