2015年9月10日木曜日

自分の意見をもつ子どもを育てるために大切なこと


「わが子に受験させようと考えています。」

「どうしてですか?」

「周りでも受験している子が増えていきていて、
 息子も受験したいといい始めたからです。」


こんなやりとりをすることがあります。


受験そのものが良い悪いというレベルではなく、
受験に対して親子の考えが浅いことが心配です。


子育てに失敗をしたくないから
正解を求めて
周囲の子が受験しているならわが子も
といったレベルの考え方です。


大人が他人の意見に流される傾向があるからこそ、
子どもたちに身に付けてほしいことが
「他人に流されずに自分の意見をもつ」
ということです。


担任時代、学校に来る子供たちを観察していると、
「高学年になるほど
 全体的に自分の意見を表現しない」
という傾向が見られました。


低学年のころから知っている子は、
同じ子か?と思うくらい
学年があがると徐々に静かになってきます。


これは年齢だけのせいなのか?


外国の子などを見ていると
必ずしも年齢だけのせいではなさそうです。


担任としてスタート時期は
子供たちの「自分の意見を言わない」
という姿勢を崩すことに力を入れていました。


学年のスタート時に
誰かがミスしたときに笑う子は必ずいます。


まずはその子への指導を繰り返します。
間違えることをバカにして笑うのはおかしいということを
理解してもらいます。


周囲の子にも同じことを伝えていきます。
これは根が深いので繰り返し繰り返して
指導する必要があります。


間違っても良いんだということを
繰り返し指導していると
かなりの子どもたちが手を挙げて
自分の意見を発表するようになります。


子供たちはどこかの学年で、
間違えたことを叱られたり、
笑われたりしたことで
間違うことを恐れるようになります。
人と違うことを恐れるようになります。


その結果、
子どもたちが自分の意見を言わなくなるのです。


間違ったら笑われる、バカにされるかもしれない。

自分は間違う可能性が高い。

間違ったら恥ずかしい。

誰かが言うのを待つ。


そうして自分の意見を言わない習慣が
強固になっていきます。


また、自分の意見を持てない原因はもう1つあります。
大人による過度な命令です。


小学校では集団行動が多くあります。
そのとき大人は子どもに命令をすることが多くあります。

命令に従う

列を乱すな。
話すな。
鉛筆をつかえ。
走るな。


言い方はやさしくても命令は命令です。


命令には「どうして」
抜け落ちていることが多いのです。


時々、「どうして?」と聞いてみるものの
「いいんだ。だまって早くやれ」とか
頭ごなしに言われれば
もう完全に疑問はシャットアウトされます。


こんな言い方するなら
次からは聞くのをやめようということにもなります。


こうして子どもたちは
だんだんと自分の頭で考えることを止め
人の意見にただ従うようになってきます。


間違ったことをしたくない。
大人(自分より偉い人)の言うことは
絶対に正しいはずだ。
自分はそれに従うのみ。


理由など考える必要はない。
考えなくても従っていれば正解なんだ。


この考え方が授業態度にも出てくるんです。
黙ってじっと座っている
ということを学び続けていきます。


このまま子どもたちが大人になれば、
テレビということを鵜呑みすることになります。


結果として薬局の前から
番組で流れた情報の健康食品が消えるのです。


自分の意見をもたないことも
人の意見に流れやすことも
元をたどれば同じ根っこの部分を共有しているんです。


わかりやすくなるように
かなり極端に言い切る話をしました。


簡単にまとめると、
子どもたちには自分で考えるということを
小さいうちから身に付けさせておいた方がよい。


勇気をもって挑戦して間違えたことは叱らない。


大人が行動の背景にある
「どうして」をしっかり伝えてあげること。


さらに子供からの「どうして?」
しっかり答えてあげるか
一緒に考えてあげることが大切です。


自分の意見をしっかりもてる子どもを
育てていきたいと思っています!

関連記事