2017年7月18日火曜日

親の言葉によるプチ虐待とは

教師をしていると
いろいろな親の事例を知ることになります。


その中でも最悪なのが虐待です。

体罰を日々繰り返す親が最悪なのは
当たり前のことで述べる必要もないんですが、
実は隠れた体罰である言葉の虐待も
かなり問題ある行為なんです。



言葉の虐待というと
かなり大げさな表現に聞こえるんですが、
決して大げさなレベルでなく
小さいことでも虐待の芽にはなっているんです。


例えば、
「本当に忘れ物が多くてダメね。」

「どうしてこんなこともできないの?」

「本当にのろい子ね。」

などなど、
例をあげたらきりがないんですが、
このような言葉が慢性的になると
言葉によるプチ虐待です。


もちろん、人間だから
時々口から出てしまうことがあるでしょう。

でも、虐待的な親は
このことを慢性的に、継続的に
子どもに浴びせ続けるんです。


この言葉を言われた子どもの気持ちに
全くなっていません。

子どもはこの言葉を聞いて
やる気が高まるでしょうか。

何か改善する方法を考えるでしょうか。


正直なところ
子どもはただ自信を無くすだけです。

親は少しの時間スッキリするだけです。


根本の問題は全く解決されていないので、
継続的に虐待的な言葉が
また繰り返し浴びせられるという悪循環になります。


こうやって育った子は
次第に無口になります。

また、表情が乏しくなります。

覇気、精気が無くなるといったら
正しいかもしれません。

子どもらしく純粋に腕白に
という表現とは真逆の
斜に構えて大人の表情に敏感で
おとなしい状態。


直接暴言のように虐待しなくても
同じような効果を発揮するのが嫌味です。


「はぁ、前にも言ったのにね・・・まったくもう。」
といったような表情を含めた
ねちねちしたような言い方も
全く改善案はない、ただの虐待に近い言葉です。


子どものためなのか?
自分がスッキリするためなのか?


そのことが虐待かどうかの
境目だと思います。


子どもたちに何か言葉をかけるときは
子どもがやる気を高める言葉でありたいものです。

また、どうしたらよいのかを
考えることを促す言葉であるべきです。



2017年7月17日月曜日

親は選べないけど、どんな親になるかは選べる

親は選べない。

私たち親も子供時代があり、
私たちの親が完璧な親かといえば、
もちろん各ご家庭で疑問があるかと思います。


私だっていろいろ不満を抱えた経験があります。

ただ、今親になり、大切にしている考え方は、
親と自分は関係ないということです。


これは冷めきった考え方ではないですよ。

親のスタイルと自分の子育てのスタイルは違っても良い。

親の家庭環境の作り方と
自分の家庭環境の作り方が違っても良い。

そういう意味での関係ないということです。


ときどき、テレビなどで出てくる親子のVTRで、
このようなことを聞くことがあります。


私は親からこう育てられた。
だから、ついつい私も親と同じことをしてしまう。。。


でも、ここには間違ったことがあります。


例えば、片親に育てられた子どもの中に
グレる子がいれば、グレない子もいます。


また同じ親のもとで育っても
グレる子、グレない子と別れます。


結局は、親の影響を受けてはいるものの、
最後の決断の部分は自分がレバーを握っているんです。


電車で言えば、
線路の切り替えレバーを握っているのは自分だ
ということです。


今までの経験に沿って列車は走ってきますが、
最後の最後でレバーを変えるかどうかは自分のさじ加減


親のせいにしてはいけないんだと思います。


また、親のせいにしていたら、
何も変わらないんだと思います。


もし、自分が親からされてきて、
嫌なことがあったのだとしたら、
自分の代で終わりにするという決意で
子育てにのぞむことはできます。


もちろん、
長年、親と同じ線路を走ってくれば、
まっすぐそのまま行く方が楽です。


だから、楽する理由として、
そのように育てられて
ついつい同じようにやってしまう
という言い訳がくるんだと思います。


本当にそれでいいのか。

自分でレバーを握っていることを
忘れてはいないか。

そのことに気づく必要があるんだと思います。


子育ての見本は確かに自分の親です。

本やテレビなどで違う見本も
少しは覗き見ることができますが、
やはり親の影響は大きい。


でも、最後の最後で
その大きい親の影響から逃れるための
レバーを自分がもっている。


そのことを忘れずに
子育てをしてほしいと思いますし、
自分もそうして子育てをしていこうと
決意しています。

2017年7月8日土曜日

過保護な親から弱い子どもが育つ

子どもは守らなければいけない
弱い存在だ。


そのように考えている親にとって
子どもは本当に守らなければならない
弱い存在になっていきます。


子どもがもともと弱かったのか、
それとも弱いから守らなければ
と考えているから弱くなるのか。


親が子を守り過ぎているから子が弱くなっている
というのが真実なのではないでしょうか。


------------------------------------
親が子供に教えなければならないのは
「転ばない方法」ではなく
むしろ人間は転んでも何度だって
立ち上がれるということじゃないか!?

     ハチミツとクローバーより
------------------------------------


先日、アマゾンの先住民族の生活を
テレビで見る場面がありました。


子どもたちは幼いころから
肉にかぶりついています。


日本ではあれは身体に良いだの悪いだの
という情報が溢れていて、
まるで安全な食べ物は
ほとんど残されていないかのようです。


しかし、アマゾンで暮らしている子は
消化が良いだの悪いだのは関係なく、
焼いたばかりの肉を3歳くらいの子が
がぶがぶ食べていました。


きっと消化器官や歯、歯茎が
鍛えられているんでしょうね。


さらに大人が子供用の木のボートを作ってあげて、
練習をさせるそうです。

危険だから川に近づくなではなく、
生活のためにボートに乗る練習をする。


日本では靴紐をいつまでも結んであげる親がいます。


スポーツ系の習い事をしていて、
ちょっと躓いたり、
指導が強かったりすると止めさせる親もいます。


もちろん、理不尽なことであれば、
止めさせるのも正しい判断ですが、
安易すぎる判断の場合は考え物です。


子どもを守れば守るほど、
子どもは適応能力を発揮することなく
自分に快適な環境が外から勝手に近づいてくる
という王様の様な状態になります。


子供は失敗から学ぶことが大いに許される時期です。

大人になったら失敗に責任が付きまとうため、
なかなか失敗を繰り返すわけにはいきません。

失敗を責任なくできるのは子どもの時期だけです。

だからこそ、親が転ばぬ先の杖となり
助けすぎるとせっかくの失敗のチャンスを逃すことになります。

失敗は成長の種です。

失敗から学んだことは
自分の心の中に強烈なインパクトとして
植え付けられるので
一生の宝になります。


子どもの失敗を許せる社会になることを
願ってやみません。

2017年7月5日水曜日

子どもの光を見るか闇を見るか。

人は物事を自分の価値観を通して
見ています。

それは時にはメガネに例えられたりします。


具体的には、有名な話ですが、
目の前に1つのコップがあり、
そこに水が半分入っていたとします。

事実はこれだけ。


それにも関わらず、
砂漠をさまよう人にとっては恵みの水になり、
居酒屋の飲み放題の会場にいる人にとっては
見向きもしないたった半分しかない水です。


人は自分の価値観(メガネ)を通して
現実を見て、理解しています。


これは子育てについても同じことが言え、
ゲーテの言葉が分かりやすいので
紹介します。


-------------------------------
現在の姿を見て接すれば、
人は現在のままだろう。

人のあるべき姿を見て接すれば、
あるべき姿に成長していく
だろう。

                        ゲーテ
-------------------------------

目の前にいる我が子を
自分のメガネを通してみていることがある。


もし、子どもの悪いイメージばかり先行していれば、
悪いところばかりが目につくようになります。


もし、将来が楽しみで、
きっと良く育っていくだろうと思いながら接していけば、
子どもの良いところが目につきやすくなる。

その結果として良い子として育つ。


もちろん、子育ては
そんな簡単にいくことではありませんが、
一つの真理を表している言葉だと思います。


良くなるというイメージがあれば、
きっとそのようになるように
自分もいろいろな子育てに関する情報を
集めるようになるでしょう。


悪いと思い込んでいたら、
そのことを証拠づける情報ばかりを求めるようになるでしょう。


子育てをするとき
自分は子どもの光を見るか闇を見るか。


私たちに問いかけてくれるのがゲーテの言葉です。

子どもの定期テストの成績が悪いときの考え方

定期テストの点数が悪い。


中学生の子をもつ親として
定期テストの点数が悪いことは
とても心配なことです。


また、受験塾に通っているにもかかわらず、
定期テストの点数が平均点以下になってしまうということも、
もちろんありえることです。


そんなとき、子どももショックを受けていますが、
親としてもショックを受けてしまい、
心の底から悩んでしまうこともあるでしょう。



子どもが落ち込んでいるとき、
親が一緒になって落ち込んでしまうと、
子どもは自分が親を悲しませる原因なんだ
と心の中で納得してしまいます。


すると、自分の存在を肯定できなくなってしまいます。


教師が良く使う言葉で言うと、
自己肯定感が低い子になるということです。


定期テストは確かに大切です。


子どもにとって、
学校で勉強することは
仕事のようなものです。


働かないかわりに勉強をする。


だからといっても
別に勉強が人生の中心ではありません。


定期テストは人生の中では
ほんの小さな点です。

その点で人生が決まるわけではありません。


定期テストの点数が悪くても
人生で成功している人なんて山ほどいます。


まずはその事実を冷静に受け止めて、
自分の中で問題を大きくし過ぎないことが
精神を健やかに保つためには
大切なことです。


特に受験塾に子どもを通わせると
強いプレッシャーを受けます。

受験塾の講師は、学業成績が良いことが
自分の存在を肯定するための武器でした。

だからこそ、
勉強ができることが
人生における最重要課題になってしまうのです。


みなさんのお子様の中で塾の先生になる人は
少ないでしょう。


学業を専門として使う人は
一般的に少ないのです。


だから定期テストの点数が悪かったとしても
受験塾の講師が言うほど
重くとらえ過ぎないことが大切です。


しかし
勉強はできた方が良いことも事実です。


なので、まずは肩の力を抜いて、
冷静に事実を受け止める。


定期テストの点数が悪かったのであれば、
今までの勉強の仕方を修正すればいいんです。

次回への課題点を見つけることができたなら
それだけでも価値があることです。


あまりに追いつめすぎてしまうと、
勉強をどんどん嫌いになっていきます。


また、自己肯定感が下がってしまうと、
自分を守るために、
勉強から逃げようとします。


勉強ができない現実を直視することは
自分の心を傷つけることだからです。


傷つくくらいなら逃げようとします。

何かに理由をつけてできないと言うようになるのです。


定期テストの点数が悪くも
そこまで重くシリアスにとらえ過ぎない。


精神状況を軽くしたところで、
次回の課題を子ども主体で親子で考える。


定期テストが悪くても
子どもにとって必要以上に
自己肯定感を低くすることなく、
次への建設的な指針を得る。


そのために、今まで書いたことを
参考にしてもらえたらと思います。