2018年12月9日日曜日

個性を育てる教育って何?

個性を育てるなんて言いながら、
個性を育てるということから離れた教育をしている人は多い。


そもそも子供の個性ってわかりますかね?



これって決めつけることが
個性をつぶすことになりかねないから怖いですよね。


子供の個性ってのは親や大人が決めつけるんじゃなくて、
子供自身がのびのび生きているうちに
勝手に育まれていくのが個性
だって思うんです。


大人が変にいじくるから、
子供は自分の個性を見つめる前に
大人の考える幸せな生き方のレールに乗ろうとします。


まだ自分の人生について考えることができないうちから、
やれ、何何大学が素晴らしいと、
変なものさしが共通ルールだと教え込まれる。


テレビでも東大王といって、
東大はすごいなぁと洗脳するような情報を与え続けます。


そうするとある種ブランド品を手に入れるように、
大学というブランドを手に入れることが素晴らしいものだ
って勘違いがスタートします。


ただ、この勘違いは国民の大多数が行っていたら、
勘違いではなく常識になってくるからやっかいです。


インドの勉強をしているとき、
カースト制度って習いましたよね?


日本だって、大学のランキングでカースト制度をやっているようなものです。


中学の先生たちの中には、
生徒の進路を個性から考えるのではなく、
学力偏差値から進学先を割り出して、
手持ちの生徒というカードを振り分けているようなことをしている人も多くいます。



そうやって、大学という身分制度にくくられて
子供たちの個性というのは、
概ね破棄されて育って大人になっていく
というのが今の社会システムだと思います。


さっきも言いましたが、
これって国民の大多数が行っている限り常識になるので、
一人だけこの道から外れると生きづらいです。


でも、この生きづらさを経験した人の中から、
社会を変えるほどのインパクトある事業を起こした人は多くいます。


親が大学という身分制度を信じ続けて居る限り、
子供も信じるしかありません。


高い偏差値の大学に行くことが
本当に子供の幸せにつながるのか?


そこを改めて考えるか、考えないかで、
子育ての仕方は大きく変わってくると思います。


子供の人生は子供のもの。


子供が何をしたいのか。


そこをじっくり見守ってあげる
という姿勢も子育てでは大切なんじゃないかな
って思うのです。

2018年12月5日水曜日

甘やかしと優しさは似ていて大きく違う


泣きわめく子、叫ぶ子、すねる子。



子供は親をコントロールするための
たくさんの手段を持っていますよね。


論理的に親を納得させてコントロールすることは無理なんで、
強硬手段に出るわけです。


もちろん、良識ある親であれば、
その手の方法でコントロールされてしまうことは無いでしょう。


でも、最近増えているのが、
容易に子供にコントロールされてしまう親です。
親になりきれていない親です。


泣く、わめく、すねるという手段が子供から発せられると、
あたふた感情的になってしまい、子供の言い分を聞く。


子供の言い分を聞かなくても、
感情的になっている時点でコントロールされているのと同じです。


甘やかすことと優しいことは全く違います。


子供にコントロールされている親は、
甘やかしているだけです。


優しい親であれば、
子供を育てるための芯があるはずです。


その芯は子供の幸せのためになることをするということです。


子供の幸せを願えば、時には厳しく接する必要があるのです。


獅子は我が子を崖から突き落とすという話がありますが、
それが真実ではなくても、
その話の中には、子育ての真理があります。



子供が荒々しい自然の中で生きていくためには、
心を鬼ににしてでも、崖から突き落とす厳しさが必要だと判断する。


その厳しさの裏には真の優しさがあるのです。


我が子を甘やかしている親は、子育てから逃げています。


親が逃げた結果、子供が大人になったときに厳しい現実にぶつかります。



甘えの通用しない世界。
その世界に歯を食いしばりながら適応する子もいますが、
それは親が逃げた結果です。


子供のうちに学ぶ機会はたくさんあったのに、
すべて甘えでスルー。


その結果、大人になって苦しむことになります。


でも、まだ適応できたら万々歳。


中には厳しい現実に対応できずに、
ドロップアウトする子もいます。


ニート、引きこもりなんて話題になりましたが、
今でも多くいます。



甘やかされて生きてくれば、
厳しい大人の社会からは逃げたくなるのは当然なのかもしれません。


そんな我が子を目の前にして
あたふたして大きな問題として不幸を背負った表情をする親もいますが、
もとをたどれば自分ではいた唾が自分にかかっているようなものです。


甘やかすことと優しさの違いを知ることは、
親として大切なことです。

甘いですか?優しいですか?


親として自分に問いかけたい言葉です。

2018年12月2日日曜日

親の兄弟喧嘩の対応方法はレフリーであれ。

お子様が2人以上いるご家庭では、
兄妹喧嘩に頭を抱えたことがあるのではないでしょうか?


私も息子と娘がいますが、
兄妹喧嘩はちょくちょくやっています。


そんなとき、親として後悔したことがあります。
それは、喧嘩している2人を大人気なく叱り飛ばしたことです。

火に油を注ぐとはこのことだってあとで思いましたねw


自分が兄妹喧嘩した記憶を忘れていました。

私が小さいころに姉と喧嘩することはしばしばありましたが、
正直言って、冷静さを失っていましたね。


そんな冷静さを失っている子供に対して、
叱り飛ばしたところで何も心に響いてはいなかったはずです。


ではどうしたらいいのかというのには、
格闘技の試合にヒントがあるって思っています。


格闘技で戦う2人の間にいるのがレフリーです。


ごちゃごちゃの乱戦になったとき、
冷静に間に入って2人を引き離すのがレフリーの仕事です。


別に何か強く解決しようとはしていません。
ただ間に入って、お互いをブレイクさせる。


それだけで、すぐに2人はまた冷静な戦いに戻ることができます。


兄妹喧嘩を止める親も、
それくらいの考え方が良いのかなって思うのです。


冷静さを失った2人の間に立って、
ブレイクさせる。


ブレイクさせて、本当に落ち着くまで2人を離れさせる。


そして、心の底から落ち着いたとわかったときに初めて
2人に話をしてあげたらいいんです。


それ以前に話をしたところで、
冷静ではない2人の子、冷静では無い大人が混じっては、
完全に炎上するだけに決まっています。


燃えつきるから静かになるのでは、
意味がありませんからね。


燃え尽きるのではなくて、
鎮火させるためには、
親はレフリーの役割を果たして、
喧嘩している兄妹の間に入ってブレイクさせる。


そんなことを心がけるだけで、
子育てはちょっと肩の力が抜けたものになりますよ。

2018年11月26日月曜日

子育てをシンプルにするルール化という考え方

子育てをしていると叱る回数が増えてストレスがたまる。
という人がいますよね。


叱る回数を減らすためにはどうしたらよいか、
子育てをもっとシンプルにするためにはどうしたらよいか?


そんなときにちょっと自分が考えていることが
参考になるかもと思うので書いてみますね。


キーワードはルール化です。



ルール化というのは文字としてはそのままで、
ルールにするということですが、
どういうことかというと、
親の頭の中にあるちょっとした叱りポイントを
あらかじめ紙に書いてルール化するんです。


私がしているルール化としては、

使ったものは元の場所に戻す。

ドアはやさしくしめる。

ぬいだくつは並べる。

ぬいだ服はかごに入れる。

食べたあとの皿は台所にもっていく。

ゴミが出たらその時にすてる。


こんなものがあります。


これに関しては、日頃から守っていないことに
気が付いたら叱るというのではなくて、
あらかじめ守るべきルールとして
その都度教えていきます。


気が付いたときに叱るのではなく、
常に意識しておいて確実に指導するという感覚ですかね。


そうやって前もって言っておけば、
叱る回数は格段に減りますよ。

もちろん、子供はルールを破ることは多々ありますが、
自分が明確にルール化しておけば、
見逃してしまうことも減るので、
確実に噴火する前の煙の段階で
穏やかに指導を終えることができると思います。


親も見逃してしまって、
たまりにたまった結果として叱るから
ストレスが溜まってしまうんだと思います。


日頃からルール化しておいて、
ちょくちょくこまめに指導する。


それを心がけておけば
子育てはシンプルになると思いますよ!


こんな文章を書く前に動画を撮ったんで
ちょっと支離滅裂かもしれませんが
聞き流し用として。



2018年11月21日水曜日

子育ての原点を忘れずに。

子育ての原点


子育てをするときに大切になってくることは
自分の子育ての原点を見つめることだって思います。


私の場合は、その原点は、
妻の出産に立ち会った分娩室にあります。


このことは後程書いていきますが、
今の子育てで多く見られるトラブルとしては、
子供たちが自分のことを嫌いになるほど
叱ってしまうというものがあります。


勉強であれ、躾であれ、
親は子供に期待すればするほど
叱る場面が増えてきてしまいます。


叱られて頑張れる子もいるんですが、
基本的に子供は叱られたら自信を喪失してしまいます。


それでも、親からの愛を獲得するため、
先生からの愛を獲得するために
頑張る子もいます。


それでも思うような結果を出せないとき、
子供たちは自分への自信をどんどん失っていきます。


そのような状態になってくると
大人になっても自分の意志を持ちにくくなり、
流されるように生きるようになってきます。


自分から動いてもうまくいかないんじゃないか。
自分には無理なんじゃないか。


そのような思いを大前提に仕事を選んでしまいかねません。


大切なことは子育てにおいて、
子供の自信を無くすほどの叱咤をしないことです。


そのときに大切になるのが原点なのかなって思うのです。
原点をもっていれば、
そこまで叱ることは無くなってきます。


私の原点は分娩室にあると言いました。


小さく、今にも壊れてしまいそうなわが子を
はじめて抱っこしたとき、
ただただ感動し、ただただ怖く、
ただただ元気に育ってくれたらいいと思いました。


そこが原点なんです。
元気に育ってくれたらいいんです。


だからこそ、のびのび育ってくれたらいいんです。


勉強の結果、習い事の結果、
そんなことは最優先ではなくて、
最優先なのは元気に生きてくれることです。
これが私の子育ての原点なんです。


もちろん、サポートはします。
あくまでサポートです。


そのような意識でいられるのは原点を持っているからです。


みなさんの子育ての原点は何ですか?
ぜひ思い出してみてください。

関連記事