2017年9月17日日曜日

子供は親の言葉で自分はどんな人間かを決める


子供にとって、
親の言葉は絶対的な影響力をもっています。


そのことをわかっている
と思うようなことですが、
結構わかっていない人も多くいます。


例えば、兄弟喧嘩をしている場面で、
「お前は思いやりがない!」
と声をかけたとします。


兄弟仲良くしてほしい
という思いのもとで発している言葉でも、
子供は違った受け止め方をすることがあるんです。


「俺は思いやりがない人間だ。」

思いやりをもってほしいのに
思いやりがない人間だと
自分を思い込む方向に力が働いてしまうのです。


親はそんな思いをもっていなくても、
子供にはそのように伝わる。


そして、大人になったときも、
心のどこかに
「自分は思いやりのない人間」
なのではないだろうか?
という、ちょっとした自分を
愛せない方向に力が働いてしまうのです。


「そんなことしたら、弟が悲しむだろ」
で良かったわけです。
「自分が言われたらどう思う?」

そこを考えるきっかけとなる言葉を
投げかけてあげれば
それで良かったのです。


にも関わらず、
「お前は思いやりがないダメな人間だ」
といった間違ったメッセージが
子供の心に深く根付いてしまうのです。


たった一言を例にあげましたが、
このような言葉は、
一日を通して、無意識に何回も
子供に浴びせかけられている
なんてこともあるんです。


だからこそ、
親として、自分の言葉は、
子供にどんなメッセージを与えているのか。
自分はどんなメッセージを
本当は与えたいのか。


そこを考えながら
言葉をかけてあげる必要があるのです。


はじめはまどろっこしいかもしれません。
でも、徐々に慣れてくるものなので、
はじめは意識して言葉を選んでほしいと思います。


2017年9月12日火曜日

子どものやる気を高める親の接し方。

子どものやる気を高める親の接し方

子どものやる気を高めたい。

そのような声をあげる親が多い。
特に小学校の中学年になったころから
声があがり始めます。


子どものやる気を左右する要素は
山ほどあって、
これ!といって限定することは
難しいからやっかいです。


でも、幼少期のお子様をもつ方には
確実に有効な手段があります。


それは、親が子供に関心をもつということです。


当たり前のことですが、
当たり前にできないことが多いのです。


例えば、
子どもが何か願いがあったとします。
それをたどたどしくても、
言葉にして親に伝えようとします。


そんなとき、
親が仕事などが忙しかったり、
他の兄弟に目を向けて、
軽くあしらったとします。


すると、
子どもの心の中には、
「自分から他者に働きかけを行っても、
 その行為は無駄に終わる。」
という経験が残ります。


小さいことですが
この「自分から何かをしても無駄に終わる
という経験が積み重なれば重なるほど、
子どもたちは無気力になってきます。

自ら他者であれ、対象物であれ、
行動を起こさないようになってくるのです。

どうせ思い通りにならないんだ。

そのような投げやりな心理が基になっているのです。

特に幼少期の子をもつ親は、
子どもの言葉に対して
敏感になるべきです。

無理なものは無理と伝えることでもいいんです。
とにかく、自分から何かを働きかけたことに、
親がリアクションをしてくれて、
話が前に進んでいるという経験が大切なんです。


中学年、高学年と大きくなってしまった子に対しても
出来る限り、子どもが行動を起こしたら、
しっかりと反応をしてあげるという
小さなことから、やる気の芽を植えることができます。


ただ、中学年、高学年からやる気を高めるのは、
幼少期からの働きかけと違って、
本当に骨が折れる作業となります。


そのことについては、
またいつか。


2017年8月20日日曜日

精神的にヒョロっとした子が育つ理由

生きる力の無い精神的にヒョロっとした子
増えています。


一般的に頭が良いとは言われているような子でも
「大人になって厳しい社会で生きることが
 できるのだろうか?」
と不安に思ってしまうような子もいるものです。


どうしてたくましく生きる力が
無い子が増えるのでしょうか。


その1つには、自分で考える力を奪われている
ということがあります。


教育熱心な家庭にも関わらず、
精神的にヒョロっとした子が
育ってしまうのは、教育熱心が間違った方向に
進んでしまったからです。


子どもにやるべきことを
詰め込み過ぎてしまい、
子供はただ言われることに
従って日々を過ごすだけ。


当然、受け身で生きる姿勢は
数年かけて骨の髄まで沁みこんで、
精神的にヒョロっとした子になってしまうのです。


また、この様な教育熱心な家庭では、
子どもの歩む方向まできっちり
決めてしまっていることがあります。



当然、良かれと思ってやっていることですが、
子どもの生きる力を奪っていることに
全く気づいていないのが残酷なものです。


幼少期に子どもがやりたいこと、
好奇心が向く方向は本当に多岐にわたります。


それらに興味をもちながら、
脳のあらゆる分野が育っていきます。


また、友達と遊ぶことでも
社交性という大切な能力を育むことにも
繋がります。


しかし、そんな大切な幼少期から、
英才教育という名のもとに、
偏った部分のみを必死に育てる教育に
強制的に通わせる親もいます。


まるで、ビニールハウスの中で
強制的に野菜を育てる促成栽培のように。


結果として、一部の能力は突出していても、
対人関係に問題があったり、
社会に適応する能力がなかったり
という結果を招くこともあります。


また、せっかく促成栽培しても、
結局小学校という土俵では
同じカリキュラムで進むので、
単に学習意欲を低下させる結果を
招いてしまうこともあります。


生きる力の無いヒョロっとした子は、
親から自主性を奪われた結果として
生まれてくることが多いのです。


子どもの人生は子どものもの。


親が子の目の前に勝手にレールを敷いて、
その上を薪まで焚いて走らせて、
親が決めた目的地まで走った子は、
本当に幸せなのでしょうか。


子どもがたくましく生きる力は、
人生の主導権を子どもに手渡すことから
生まれると思うのです。

関連記事
過保護な親から弱い子が育つ


2017年8月9日水曜日

高校生への自分は駄目な人間だと思うか?というアンケートの驚愕の結果

財団法人日本青年研究所の
2015年の調査結果を目にする機会がありました。


日米中韓の高校生に
「自分は駄目な人間だと思うか」との質問を与えたところ、
「よく当てはまる」「まあ当てはまる」と答えた人が
米国45%、中国56%、韓国35%だったそうです。


米国は自信が溢れているイメージもあったので
意外でしたが、
私たちの日本はどうなんでしょうか。


日本の結果は73%です。
群を抜いています。


日本で教育に関わっていると、
子どもたちの表情が学年を増すごとに
暗くなっていくことがわかります。


子どもたちは
どうして自信を無くしていくのか。


それは評価主義の教育によって
このままではダメですよ
というメッセージを受け取る機会が
多いからではないだろうか。


どうしてできないの?
なんでやらないの?
これじゃダメじゃないか。


日々否定的なメッセージが
学校や家庭で浴びせかけられていることが
多いようです。


勉強はそもそもそこまで結果を求めて
やらなければならないのでしょうか。


勉強は将棋と同じように
頭を使った体操のような面白さがあります。


それにも関わらず、
勉強ができなかったことを
周囲の大人は深刻にとらえ、
人生のすべてに悪影響を及ぼす
一大事のような表情で接します。


当然、勉強で躓いた子どもたちは
自分が否定されているような気持ちに
なってしまうものです。


その積み重ねの結果として
自分のことが駄目な人間だという
気持ちを強くもつようになるのです。


褒めて育てよと言われることが
出版物でもテレビでも多いものですが、
やはり先生や親が子を褒める機会が
少ない傾向があるのは事実。


甘く接することとは違います。
幼少期からできていること、
がんばっていることに目を向けて
しっかりと褒めてあげること
大切だと思います。


未来の日本では
自分がダメな人間だなんて言う子どもが
少ないことを願ってやみません。




関連する記事です。
子どもの自信をなくす子どもを色眼鏡で見るということ

2017年7月30日日曜日

叱ると怒るはまじりあっているもの。

叱ると怒るは違う。


こんなことは
ちょっと子育てについて
本を読んだり、情報を収集すれば
見聞きする言葉ですよね。


でも、叱ると怒るは
そんな簡単に割り切れるものではなく、
難しいところは
両者が水色が濃紺に移り変わるように
微妙な境界線があるから難しいのです。


はじめは冷静に叱っていても、
叱っている途中に
どんどん気持ちがエスカレートしてしまい、
さらにその気持ちに子どもが悪く反応する。

その子どもの反応に
親はさらにエスカレートしてしまい
気付いたら怒鳴っていた。


そんなことが起こり得ます。


叱ると怒るはピタッと境界線があるのではなく、
叱るから徐々に怒るに変わることがあるのです。


感情的に子どもを怒ったとき、
子どもの心には反発心が起ります。

しゅんとしておとなしくはなるかもしれませんが、
決して大切なことは学んでいません。


ただ、怒りが過ぎるのを
おとなしく待つだけです。


怒りは子育てにとって
親にとっても子にとっても
全く不毛なものです。


でも、そのことを知っていたら、
怒りを防ぐことができます。


それは、一回子どものそばから離れることです。


自分が感情的になっているな
ということがわかれば、
そのままのテンションで怒るのをいったんやめる。


自分1人になれる場所に行ってください。


さらに良いのは携帯に
子どもの幼少期の写真を入れておくことです。


1人になったとき、
その写真を見てください。


ふと心が落ち着くはずです。


それからまた話しても遅くはないはずです。


叱るから怒るの段階に進んでいるなら、
一回怒るのをストップして、
もう一度仕切り直す。


少しでも子育てのヒントになれば
うれしいです。
では。