2017年3月30日木曜日

自分より子供が大切な親の裏の目的


子どもよりも自分が大切な親。

前に書いたことに
正反対のことを書きます。


が、実は正反対ではないんです。
良く読んでもらえたらわかります。


自分より子どもが大切な親。


とても素晴らしいことです。


自分のこと、夫婦のことなど
全てそっちのけで、
子育てに全力。

子どもの習い事。
子どもの学校。
子どもの、子どもの、子どもの。


と、すべてが子ども中心で周っているかのような
生活をしている親もいます。


素晴らしいように見えても、
実はこの裏に隠れた真意によって、
素晴らしくもなり、
自分のことしか考えていないことにもなる。


子育てに献身的な自分を認めてもらいたい。


自分が昇華できなかったトラウマを
子どもを使って昇華させたい。


子どもに全力になることで、
自分が必要とされている感を味わいたい。
愛されていることを味わいたい。


そのようなときは、
結局、子どもが中心なようで、
自分が中心なんです。


子どもはけなげです。


親の期待に応えよう応えようと
一生懸命に努力します。


褒められる行動か、認められる行動なのか、
親の顔色ばかりを気にします。


親から認めてもらいたいという
強い思いをもちながら育つことになります。


結局、その子どもも親になって、
同じように「認めてもらいたい」という気持ちが
強くなりすぎてしまうことがあります。



大人になってもその呪縛から
逃れられず、苦しんでいる人もいます。


だからこそ、
子どもより自分が大切かの様な
行動をしていたとき、
必ず自分の心の奥底を見つめてみてください。


何か「子どものため」以外の隠れた意図
潜んでいるかもしれませんよ。



関連記事