2017年4月7日金曜日

ドラえもんとのび太の関係に親と子の関係を重ねてみる/ダメな子にならないために

ドラえもんがのび太をダメにする

ドラえもんに登場するダメな子の象徴として
のび太がいます。

何をもってダメと定義するかは
難しいところですが、
肩の力を抜いて、「ダメな子の象徴」とします。


のび太がダメだから、
未来からドラえもんが来たという設定だったと思います。


が、私のとらえ方は違っていて、
「ドラえもんがいるからのび太はダメになった。」
というものです。


何か困ったことがあると、
「ドラえも~ん」
とのび太はすぐに泣きつきます。


どうして泣きつくのかと言えば、
愚痴を言いながらも
ドラえもんが最終的に
「仕方が無いなぁ」と言って
助けてくれることがわかっているからです。


これって子育てに
とっても強いメッセージをくれています。


子どもは親に依存しなければ
生きることができない存在です。


でも、その依存のレベルにはいろいろあって、
親としては、「ここまではOK」という線を
もっておく必要があります。


我が子に好かれたいがあまり、
全ての悩み事の芽を摘んでしまっていては、
子どもはのび太のように
いつまで経っても自立することができません。


私たちは大きくなっていく子どもたちを
一生支えていける体力はありません。

もちろん、年齢的にも普通は先に死にます。


子供たちは自分の家庭をもち、
自立して自分の家族を支えていく力を
もつ必要があります。


それが最終的な目標であるにも関わらず、
自分が世話を焼きたいという理由から
子どもを甘やかしてしまっては
大人になったときに子どもが困ります。


真の自立を目指すなら、
親はある程度は子どもに自由にさせて
自由に失敗させる必要もあります。


愛しているからこそ、
厳しく見放すことも大切。


甘やかしてすべて助けるだけが
愛情ではありません。


ドラえもんののび太に対する接し方は、
子育てに関しては、
反面教師になります。


漫画だからいいんですが、
実際にあれだけ助けていては、
もう自分で問題を解決する力は無くなってしまいますね。


のび太や子どもたちをダメにするか
自立へと導くかは、
ドラえもんや私たち大人にかかっていますね。