2017年4月5日水曜日

共働きしながら子育てする方へ

共働きの子育て

共働きの家庭が増えています。


今の日本の社会では
普通のことになってきています。


教育問題として、
イライラをつのらせて
学校や家庭で暴れてしまう子も
増えてきていると言われています。


この共働きとイライラをつのらせる子どもには
密接な関係があるのです。


子どもが学校で生活をしていれば、
思うようにいかない、
理不尽なことも多々あります。


イライラして家に帰ることも
あることでしょう。


そんなときに、
共働きの家庭では、
話を聞いてあげる時間そのものが
短くなることがあります。


別に、そのこと自体は
問題は少ないのですが、
次のようなときに問題が
起こりやすいのです。


それは、仕事場で親も
イライラしているときや、
忙しすぎて心に余裕がないとき
です。


そのようなとき、
家に帰って子どもの話を
余裕をもって受け止めてあげることができないのです。


さらに悪いことに、
親が子どもの将来を本気で考えていて、
ついつい小言が増えてしまう
ことです。


子どもと過ごす短い時間に
どうしても伝えたいことが出てきます。

子どものテストを見て、
宿題を見て、
物申したい気持ちが出てくることもあります。


そんなとき、子どもの言いたいことを
聞いてあげる前に、
小言が多くなってしまいます。

子どもを愛するからこその行動ですが、
子どもにとっては、
その愛を理解できないことがあります。


また、時間がないので、
何か学校で起こったことを聞いても、
早急に解決してあげようと
結論を急いで意見を伝えることもあります。


すると、ただ聞いてもらいたかった子どもは、
何かジャッジをされ、
自分が批判されるような気がして、
徐々に親に何も言わなくなってきます。


子どもの心の中にある
イライラは消えず、残り続けます。


そのイライラを
学校で、家庭で、
先生や親、友達にぶつけてしまうのです。


今を生きる私達は
共働きも避けることは難しいでしょう。


また、共働きは決して悪いことではありません。


共働きであっても、
短い時間にしっかり子どもの話を聞いてあげることは
できるはずです。


共働きと子育てを成立させている家庭は
たくさんあります。


成立している家庭では、
子どもの中に溜まっている
イライラを放出させてあげる
ということができています。


親にはその度量が求められるのです。


共働きだと
本当に疲れることがたくさんあると思います。


子どもの健やかな心の成長のために、
子どもの話を大らかに聞いてあげる

ということを少し意識するだけで、
子どもの心は穏やかになっていきます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク