2016年6月28日火曜日

夫に死んでほしい妻たち・・・




なんて衝撃的な題名の本が発売されているんだろう・・・



「夫に死んでほしい妻たち」・・・
夫である自分は襟を正さずにはいられない。




でもなぜこんな本を紹介したかと言うと
海外で暮らしていて
外国の夫婦もたくさん見てきた結果
どうも日本人夫婦の関係が良好ではない
ことが多い気がしたからです。



夫は仕事が中心となり、
土日もゴルフなんてことが
かなり現実的にあるようです。



たまに家族と過ごしても
それを「サービス」と言うほど
気持ちが離れているものです。



それだけ日本の仕事が
ハードなものを求められる
ということも現実にあります。




結婚する前までは確実に愛し合っていた
2人だったはずです。



では、なぜ夫婦関係が悪化してしまうのか。



それは夫だけに原因があるわけでもなく
妻だけに原因があるわけでもなく
両者に原因があるということが多いものです。




夫は妻には母ではなく嫁でいてほしい
という思いがあります。



母は1人で良かったわけです。
妻でいてほしいから結婚をする。



でも、子どもができることで
妻は母に変わります。



当たり前のことですが
これを当たり前と思えないのが夫です。




そもそも、夫が子どもの頃、
男と母の親子関係なんて
かなりそっけないものが普通だったはずです。



ママ、ママ言ってた子どもから成長するにつれ
反抗期を迎え、母親とはそんなに会話が少なくなるのが
一般的な男です。




母親から離れて
自分の家庭をもった。


と思っていたら
家庭の中に新たに母親ができた。



その結果、
昔の親と子の関係のように
自然とそっけなくなってしまうのです。



擁護しているわけじゃありませんよ。
事実の1つを述べているだけです^_^;



で、妻からすれば
子育てが大変です。
母親になるのは当然なはず。



それに対して
とやかく言われたくはないでしょう。



そんな意味のない母親論争より
少しでも家事や育児を手伝ってくれたり
自分を労わってくれたり、
昔のように愛してくれたりしてほしいはずです。



でも、そんな気持ちとは裏腹に
夫の方は先ほどの親子関係の理由で
妻に対してそっけなくなってくる。




すると両者の溝が深くなっていく。
その溝はさらに夫婦の距離を遠くしていく。



そして夫は親ではなく女を求めて
外で浮気する。
なんてことがTVでは良くあることです。



ではどうしたらよいのか。



夫はちっちゃいを捨てて
自分の欲求を相手に求めるのではなく
我が子の成長のために
妻をサポートしてあげたらいいんだと思います。



夫として妻にこうしてほしいという欲求が
第一に来るから
その欲求が叶えられず不満になるんです。



欲求をひとまずどこかにおいておいて
父親としての役目を第一に考えてみることです。
すると妻の方のストレスも減り、
次に夫からの欲求を伝える条件が整ってくるのです。




妻の方は夫にとって
妻であることを忘れてしまっていた自分がいるなら
まずは妻であるよう努めることです。



もし夫が家庭に協力的でなくても
ひとまず昔の愛し合っていたころを思い出し
我が子が大切なのは当然として、
少し夫に対する優先順位を上げてあげることです。



そんな面倒な・・・
ということもあるでしょうが、
一度しかない人生だからこそ
溝があるままなんて辛すぎます。



さらに子どもが成人するまでの
辛抱なんて思いも辛すぎます。



今、自分で溝を埋めるための
何か手はないか?
ギリギリまで模索してみても良いはずです。



子どもたちにとっては
一生大切な両親。




さらに、その両親の姿が
将来の家庭のモデル像になるんです。



ぜひ、夫婦ともに歩み寄って
良い家庭像をつくり上げて
「夫に死んでほしい」なんて
思わないでいてもらえたらと思います^_^;


夫に死んでほしい妻たち (朝日新書)

スポンサーリンク